ショートショートバトル 5KBのゴングショー第98戦勝者

「訃音門」

三四郎

若者が山道を歩いている。
腰には刀が二本、抑えきれない剣気が若者を包んでいる。
木々は若者を外界から閉ざすようにその頭を垂れている。
しばらくすると、若者の歩は止まった。その眼前にはひとつの門。古びていて妙な威厳を保つそれは、周りに異様な空気を放ちながらそこにあった。
「お主、何しに参った」
暗がりから声が聞こえた。声が聞こえてもなお、姿が見えない。
「強くなりに来た」
門を見据えたまま、若者は言った。
「それなら見当違いじゃ。帰るが良い」
がさっ、と音を立てて"声"が姿をあらわす。みすぼらしい坊主であった。
「坊主、お主に何がわかる」
「坊主とな。ふむ、確かにわしは髪はないが、坊主とは違う」
「ならば、何者。何故ここにいる」
「この門、『訃音門』を守ってきた。代々な」
坊主は寂しそうに門を見上げた。
「中には何がある」
若者は坊主の視線を追うようにして門を見つめる。
「知らぬ」
「ならば、門を守ってきた事は嘘か」
「嘘ではない。わしも門の先を覗いたこともあった。じゃが、広がるのは闇だけじゃった」
軽い嘆息をつくと、坊主は地面に腰を下ろす。
「ただひとつだけ言っておこう。この門はその名の通り、死を告げてきた。これまでも、そしてこれからも」
「なれど俺はこの門をくぐらねばならぬ」
その言葉には、曲げる事のできない信念がこもっていた。
「なぜじゃ! お主はこの門の先に何があるかも知らないのじゃろう」
「この門が俺を呼ぶ。それに応えねばならぬ。そこで死ぬのならば、俺もその程度の男と言う事だ」
若者は坊主の喝を、水のように緩やかに受け止めた。
しばらく時が止まったような沈黙が、門を包んだ。
坊主が不意に笑い出した。若者も虚をつかれたのか、目を見開いて坊主を見つめる。
「馬鹿じゃのぅ。お主も。ここをくぐった者と同じ事をいいよる」
「馬鹿は生まれつきなんでね」
若者も頬を緩ませた。
「だがな、ここをくぐった者でもう一度この門より戻ったものはひとりも、ない」
若者は坊主の真剣な顔に一瞬おどろいたように目をしばたいた。が、その顔も直ぐに穏やかな笑顔へと変わった。
「それを聞いて安心した。もとより後戻りなどする気は無い。この門をくぐったら先にすすむのみだ。この門に戻る事など、ない」
「ふ……本物の馬鹿か……」
「だから、生まれつきと言ったろ」
「そのようじゃの」
木に遮られた微かな太陽を見つめ、坊主は笑った。
若者は坊主を軽く横目で見ると、門の下へと立った。
「坊主、門を開けろ」
「わしはただ門を見つめるだけだ。開けるのはお主じゃ」
坊主は無気味に笑うと、若者のそばへと近寄った。
「ち……使えねぇ坊主だ」
「行ったじゃろう。わしはただの門番じゃて」
悪態をつきながらも若者の手は訃音門へと向かっていく。
ミシッ……。
長年開いてなかったのか、重い音を立ててゆっくりと門が動く。
門が一寸ばかり開いた。
刹那――風が、吹いた。
門の中から暗く、冷たい風が。
門が人の侵入を拒んでいる。
「へっ上等じゃねぇか」
ふんっ、と気を入れると若者は思いっきり門を開いた。
門が勢いよく開け放たれた。
「すげぇ……」
若者はあっと息を飲んだ。
「なんじゃ」
坊主は顔に疑問符を浮かべ、ただ立っている。
坊主の目に映るのは溶けるような漆黒の闇のみである。
しかし、坊主は気付いた。
「お主には見えたのか……」
坊主はただ一点、闇を見つめ言った。
「あぁ。光り輝く道が……な」
そう言うと若者は歩き出した。
坊主に若者を止める術は無い。
もとより老いたる者は若者の成長を、見守るしかできないのだろう。
「ひとつ…………ひとつ、問おう」
老人は闇に同化しつつある若者に向かって叫んだ。
「主……主の名前は」
若者は振り返らなかった。
その口が微かに動いたように見えた。しかし、それも闇へと霧散していく。

門番はただ一人残されたいた。
山道の門の前に。
寂しげなその背中からは、時の奔流に取り残されたような悲しさが伝わってくる。
そして、門番は一歩ずつ進みはじめた。
決して進むことのない道の、先へと進むために――。
その時、門番の目になにが映っていたか、知る者はいない。


[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]