ショートショートバトル 5KBのゴングショー第73戦勝者

『爆弾魔』

レムゴの魔女

 突然電話の音が鳴り響いたので、シュンスケはあわててベットから飛び起きた。いつの間にか、うたた寝をしていたらしい。時刻を確認すると、午後の十一時四十五分である。当然ながら、窓の外に見える景色は暗闇だ。
 シュンスケは一度大きなあくびをしてから電話の前に座り、おもむろに受話器を取った。
「はい、もしもし?」
 一瞬の沈黙…。
 刹那、
『あけると爆発するぞ』
 電話の相手は一言だけそう言うと、一方的に電話を切った。
 シュンスケは硬直する。
…ああっ、ついに俺か…。

 最近、日本中…、否、世界中を騒がせている『無差別連続爆弾魔事件』。
 この事件は、実に理不尽に満ちた、謎多き事件であった。まず、被害者となる者に必ず一通の電話が入る。話しの内容は『あけると爆発するぞ』の一言だけで、電話は一方的に切られるという。この電話を受けると、被害者となるものは、もう死を逃れことはできない。どの場所にいようと、その部屋のドアをあけた途端に爆発が起き、そばにいるもの共々爆死する運命にあるのだ。
 ではもし、その部屋のドア、もしくは窓がもともと開いていた場合はどうなるのか?というと、今度は車のドアを開けたり、弁当のふたを開けたり、缶ジュースのふたをあけたりすると、同じようにして爆発が起きてしまう。もっとひどい場合になると、満員電車の中で老人が立っていたので、親切に席を『あけたら』爆発した、という事例も出ているのである。
 こうなると、国家権力である警察の方も手も足も出ない。犯人が誰で、いつどのようにして爆弾を仕掛けたのか?もしくは、被害者を特定する動機は何か?本当にこれは人間の仕業なのか…?しかも、この爆破事件は世界各国で起こっていた。
 やがて、誰ともなくこれは神の警告だ、と喚き始めた。増え過ぎた人間を排除するために、神の仕組んだ罠…。それとも神の悪戯…?

 シュンスケは静まり返った自分の部屋を見渡した。
 この電話を受けて生き延びたと言う例は、これまでただのひとつも無い。シュンスケは額の汗をぬぐう。
…考えろ、考えるんだ!
 まずシュンスケは、この部屋から脱出しようと考える。
…玄関は!?
 完全に閉まっている。あれを開ければ、確実にアウトだ。
…窓は!?
 窓のほうも完全に閉まっている。それも当然のことで、今は冬という季節なのだから、この時期、窓を開けて寝ているほうが珍しい。
 刹那、シュンスケの頭に天啓がおりた。
…そうだ!窓を開けず、『割って』からそとにでればいいんだ!
 名案だと思った。窓ガラスだけを割って、外へ出ればいい。
…でも、
 ここは、マンションの最上階である。窓ガラスを割って外に出ても、そのままマッ逆さまに地上に叩き付けられるだけだ。
…だめだ、逃げられない。
 シュンスケは肩を落とし、うな垂れた。まだ、二十五歳という短い人生しか生きていないというのに、なんと残酷な運命だろう。
 このまま部屋でじっとしているしかないのだろうか。しかし、人間にとって『何かをあける』という行動は必然なものであろう。この場でじっとしていても、いずれはトイレにも行きたくなる。そうすれば、トイレのドアを開けなくてはいけない。勿論、腹もすくだろう。そうなれば、冷蔵庫のドアだって開けなくてはいけないのだ。
 シュンスケには先ほどの電話が、ただの悪戯であることを願うしかない。
…悪戯?
 そうだ。ただの悪戯電話かもしれない。そうだとすれば、部屋のドアを開けたところで爆発など起ころうはずがない。
 シュンスケは立ち上がり、玄関の前まで歩み寄る。
…人間、いずれ死ぬんだ。
 シュンスケはドアノブを握り、深く目を瞑った。
 心臓の鼓動が聞こえる。
 額から汗が流れ落ちる。
 ゆっくりとドアノブをまわしてみる。
 カチャン。
…どうか、神様!
 シュンスケは意を決して、玄関を勢いよく開け放った。
 静寂…。
 沈黙…。
 しばらくシュンスケはそのままの状態でいたが、別段何も変わったことは起きなかった。
「ああ、助かった!」
 シュンスケは腰が抜けたかのようにして、その場に座り込んだ。
「ははっ…、ただの悪戯だよな」
 一人呟き、大きくため息をつくと、再び部屋に戻りタバコに火をつけた。
 しかし、どうも腑に落ちない。あの電話が悪戯にせよ本当にせよ、今まであの電話を受けて生き延びている人間は、一人もいなかったのではないか?
 シュンスケは、不意に壁にかけてあるカレンダーに目を向けた。
「まさか!」
 思わず叫ぶ。
…時間は!?
 午後十一時五十九分…。
「ああ、なんてこった!」
 シュンスケは立ち上がり、駆け出そうとした。
 今日は十二月三十一日…。
「いやだぁぁぁぁぁ!」
 
 ゴ〜ン。

 鐘が鳴る。
 そして爆発…。

年が『明けた』。

終わり

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]