ショートショートバトル 5KBのゴングショー第57戦勝者

『バレリーナ』

夏実

 冷たい空気が秋の空を取り巻いていた。
 私はベランダで、大きなテラコッタのプランターにチューリップを植え込みながらぼんやりと考え事をしていた。
幼馴染みの彼が結婚するという。

 白いチューリップがたまにウェディング雑誌のブーケに使われていたりすることがあるけれど、その花言葉を知っているのだろうか。
 ずばり、『失恋』なのに。

 …ドキリとした。
 白いテープで巻かれた球根…それが今、自分の手の中にあったから。
 あわてて埋めて、土をかけた。

 そう、私は一度、チューリップだけの花束をもらったことがある。
 北海道の大学に入学が決まり、彼がこの町を去っていった日に。
 それは花びらの先がつんととがり、オレンジ色がとても目に鮮やかだった。自分がイメージするチューリップの花とは違い、かなりスレンダーな感じのチューリップがたくさん束ねられたものだった。

 「チューリップには香りがないって知ってた?」
 「…!?」新鮮な驚きだった。
 花にあるものと言えば香り。そう、それが当たり前だと思っていたから。
 チューリップの香り…確かにピンとこない。姿形に目を奪われて…香りはどうでもいいって感じ。
 「だけど、これだけにはまだ…残っているんだ。」
 差し出された花束に顔を近付けてみると…何とも言えない、優しく甘い香りが爽やかな風となって私の中を駆け抜けていった。
 「原種のチューリップには香りがあったんだ。だけど花を楽しむチューリップに、香りは邪魔でしかない。だから品種改良の末に香りは消されてしまったんだって。」
 「こんなに素敵な香りなのに…。」
 「そうだね…。」
 彼は少し淋しそうにポツリとつぶやいた。
 「とってもキレイ…。そしてオレンジ色がとってもステキ。こんなチューリップ、初めて。ありがとう。」
 私のそんな言葉に、彼は少し照れくさそうな顔をした。
 「このチューリップ、『バレリーナ』って言うんだ。」
 彼は何か言いたそうな感じだったけれど、結局何も言わなかった。チューリップの香りだけがずっと私に語りかけていた。
 「気に入ってくれて良かった。じゃあ、また。」
 そう言って、北海道へ行ってしまった。
 残された香り…それはまるで私の残された気持ちのようで。
 遠く、離れていく彼に、好き…だとは、どうしても言えなかった。

 そんなことがあって、毎年チューリップを植えるようになった。植えたからといって、どうにかなるのを望んでいたわけでもないけれど。そして春先に花屋で『バレリーナ』を見かける度、胸にかすかな痛みが広がった。顔を近付けると、あの優しい香りが、私の彼への思いを教えてくれるようだった。
 そして、知った。
 黄色い花色のチューリップの花言葉は『かなわぬ愛』と、いうのだと。
 
 ふと、手を止めた。
 今、私の手の中にあるのは濃い紫色のテープが巻き付いた球根だった。花の色が黒を基調にした(咲くと濃い紫色になる…)花色のチューリップの場合、スペインでは自分の心臓が恋い焦がれて灰になった…ということをあらわすのだという。
 その花言葉は『永遠の愛』。
 燃え尽きた恋でも、それは同じ。

 『…結婚、おめでとう。』

 私はそっと、最後の球根に土をかぶせた。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]