ショートショートバトル 5KBのゴングショー第53戦勝者

「親父 ―The father―」

ryou

いつからだろう?
僕は父親を‘親父,と呼び始めた。確か、自分が独立して1人暮らしを始めた頃から
だと思う。
最初は照れくさかったのを覚えている。
親父は、少し変わっていた。大学受験に失敗して二浪になった時も、母親とケンカし
たときも、けして僕を叱らずに見守ってくれた。
……素直に言うと感謝している。
54歳……。父は老いた。髪は薄くなり、伸びているヒゲも弱々しい。
そんな親父を食事に誘ったのは、ほんの少し、親孝行のつもりだった。

親父と2人で、回転寿司のカウンター席に座った。
ティーパックを湯のみに入れて、お茶をいれてあげた。味は薄く、ひどいものだっ
た。
「さー、俺のおごりだから、好きなの食えよ。親父」
「そうか? 嬉しいな〜」
そう言いながら、最初に親父がとったネタはイカだった。120円の一番、安
い……。
苦笑いしてしまった。
親父らしい。野球のレギュラーをはずされて泣いている幼い僕をキャッチボールに
誘ってくれたり、遊園地に連れていってくれた、親父。
54歳。親父は変わっていない。

食べ終わった。
会計を済ませている僕に、ふと、積み上げられている寿司皿が目に入った。
俺、15皿。親父、9皿。
親父の後ろ姿が、なんとなく、りりしく見えた。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]