ショートショートバトル 5KBのゴングショー第52戦勝者

「趣味のために」

nep

その日主人は、いつものように狩りへ出掛ける準備をしていた。

狩りの準備と言っても、それは、普通の人の想像を遙かに越えるものであった。

それもそのはずで、この主人、世界でも数本の指に入る大金持ち。

その贅沢ぶりと言ったらすごいもので、狩りの為だけに、島を購入するほどである。

狩りの準備が一通り終わると、広大な屋敷の広大な庭から何機ものヘリコプターが、
島に向けて飛び立った。


「今日は熊を狩ることにするか・・・」


主人がそう言うと、ヘリコプターに積んである機械にスイッチが入り、そして、すぐ
に熊の位置が画面に映る。

それほど時間が経たないうちに目的地に着くことができた。

早速、銃を片手に持った主人が狩りを始める。

慣れたものである。

もちろん、襲われないように、主人の周りにはボディーガードが何十人も居るのは、
言うまでもないだろう。

見事に熊を仕留めた主人は、満足げに言った。


「今日の熊は、いつも通り剥製(はくせい)にしてくれ。そして、玄関に置く事にし
よう」


「はい、かしこまりました」


執事が深く頭を下げながら答えた。

屋敷に着いた主人達は、疲れた様子もなく狩りの話しに花を咲かせていた。

主人が言う。


「今日の熊は特に気に入ったぞ。剥製になるのが楽しみだ」


「ご主人様は本当に、狩りがお好きでございますね。剥製のほうもかなりの数になっ
ております」


「まあ、屋敷は広いんだ。そんな心配はするな」


「それにしても、こんなに夢中になれるものがあるのは、とてもうらやましいかぎり
です」


「剥製は生きている時の躍動感、美しさすべて半永久的に残る。そして、剥製を見る
たびに、その時の状況が目に浮かんでくる。何時間見ていても飽きない」


「さようでございますか。躍動感、美しさ、そして思い出までが半永久的に残るわけ
ですね」


執事がそう言うと、主人は笑いながら続けて言った。


「その通りだ、そのうち美しい私の娘も・・・・・」

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]