ショートショートバトル 5KBのゴングショー第38戦勝者

「生きる」

のぞむ

 生きることに疲れた人間がここには数えられないくらい来た。今、そこでわたしの枝を使ってロープを垂らしている男がいる。その男は、やはり生きることに疲れていた・・・。
 
約50年前、ここには生きたいという願望に満ち溢れた人間がたくさんいた。しかし、それでも皆死ななくてはならなかった。天皇のために戦いに身を投じ、天皇のために死ぬ。それは一種の洗脳でもあった。私はそんな彼らに何もしてやれることがなかった。
 
今も、わたしはこの男を救ってやる事ができない。私にできる、ただ一つの手段。それはただここに立っていることだけ。悲しい人間が変わってくれることを信じて・・・。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]