ショートショートバトル 5KBのゴングショー第255戦勝者

「ケンシン」

九基住友

ダジャレンジャーの放映が終わって、はや3年。
その間にいくつものヒーローが現れては消えていった。
でも結局、ダジャレンジャーほど子供たちを熱狂させる、いやお子さまではなく、お母様方を熱狂させるヒーローは現れなかった。
それで、この夏、ついにダジャレンジャーの劇場版が公開されることとなった。
思えば、ダジャレンジャーは好評だったのに、アミューズメントパークのアトラクションでの事故がきっかけで、二年目突入を目前に打ちきりになった。
今回、映画を作成にするに当たって、問題だったのはダジャレッドが太ってしまったということだった。それも半端なく。
あの事故の原因はレッドにある。そういう風になってしまった結果、彼のその後の仕事は非常に限られたものになってしまった。
仕事がないと、食べることでストレスを解消しようとするタイプだったのだ彼は。さすがに元ヒーローなので、酒場でべろべろになるほど飲む、というような形での発散はできなかった。彼は非常にまじめだったのだ。それで豚のようにブクブクと太ってしまった。
昨今のテレビ業界事情もあって、この映画が当たるか当たらないかは、このヒーロー枠の存続に関わっている。
だから、制作発表後、レッドのダイエット大作戦は熾烈を極めた。
しかし、いや、やはりというか、ヒーローである。何かを守る、ということがあれば、想像を絶する苦難にも立ち向かえるのだった。
無事、ダイエットを果たしたレッド。
しかし、それが彼の健康をどれだけ蝕んでいたのか、気づくものはいなかった。
クランクアップし、公開イベント初日のアトラクションを終えた後、レッドが帰らない人となったとき、映画の成功は約束された。
レッドは身を挺してヒーロー枠を守ったのだった。

おわり

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]