ショートショートバトル 5KBのゴングショー第243戦勝者

「イカげす」

りあるいかふぉーす カップヌードル

なんということか。
おかしな場所にきてしまった。
ゲソを異化と呼ぶ謎の場所だ。
ゲソ、それは下足版素麺という我々の大好物だ。
それなのに異化とは。
異化と言えば、それは「異なるものに化ける」、つまりゲソのようであってゲソではない。そういうものだ。
まったくなんということか。
ゲソを一日に最低一回は食さなければ生きてはいけない我々にとって、なにが我々の必須のゲソなのかを探しているのだが、なかなか見つからない。
地上を照らす明かりが33回ほどあがったり下がったりしたが、まだみつからない。このままではすぐに昼になってしまう。
昼までに食さなければ、夜にゲソになってしまう。
夜のゲソは縁起が悪い。
ゲシとそれは呼ばれており、我らの間では、忌むべき食物なのだ。
だから、照明の上げ下げが33回実行されるまでには目処をつけておかないと、本当に探し出す時間がなくなってしまう。


しかし、あれから66回も上げ下げが繰り返されたのに、未だに目処すらつかない。
このままでは無理のようだ。
ゲソ、ゲソ、ゲソ・・・。



「なんだ、このイカは?」
「知らん。イカなんて食べたら腰を抜かすぞ」
「食うわけないだろ、バカにするな」
 彼らは干からびていくイカの入ったトロ箱を通り過ぎてアジのトロ箱に襲いかかった。

おはり

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]