ショートショートバトル 5KBのゴングショー第231戦勝者

「電波人」

dMo

なぜかCPUの稼働率がMAX。

起動時だけならわかるが、そうでないときもなのだ。

それはいわゆるマルウエアが仕込まれているためだと思うのだけども、どこでそんなものをもらってきてしまったのか、わからない。

ウイルスに感染するのは人混みにでたとき、と相場は決まっている。

基本的にコクーンライフを送っているので。

いや、最近は知らない間に入り込んでくる何かがある。

あるように感じられる。

考えてみればテレビというのは電波に乗っていろいろなものを送り込んでくる。

電波系だ。

先日、巨大電波塔が完成したと電波箱が教えてくれた。

自分の身内を自慢しているようで、みていてこちらが気恥ずかしくなってしまった。

しかし、電波の国は、そういうことを別に躊躇したりしないほうがよい、と思っている住人で構成されているのかもしれない。

電波は伝播する。

近所の犬がほえているのは、案外見慣れない電波人が、あの箱の外にも出没するようになったからかもしれない。

「電送人間」というB級映画が大昔にあった。

案外、テレビというものの本質をついていたのかもしれない。

冗談である。

しかし、いつの間にか生活の中に知らないうちに入り込んでくるものは、確実に存在している。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]