ショートショートバトル 5KBのゴングショー第228戦勝者

「記憶の中」

納会2010

記憶を辿る作業は、徒労に似ている。
だから、わたしは昨日のことも思い出さない。
「・・・なんで、指示通りにしない?」
「はい?」
この後のやりとりは、毎度同じなので、割愛する。
こうして、何度も同じことの繰り返しでしかないので、思い出すのさえ、無意味なのだ。
だから、思い出すことのないように、覚えないこととした。
そのせいで、記憶のバッファがファミコンのメガロム程度になってしまった。
おいおい、それはないだろ?
そういう声が聞こえる。
記憶することをやめると、脳が暇なので、別のことをし出すようだ。
困ったものだ。
回りの会話がすべて整列整理され、内容が理解できるようになる。
まぁ、理解してもすべて忘れてしまうのだが。

で、そういうことを何度も何度も繰り返した結果。
世界が変化した。

どうも、世の中は、自分のことは皆わからないが、他人のことはすべてわかってしまう。そういう社会になってしまったようだ。
僕が気づいたのは、最近のことなので、どれくらい前からこのようなものなのだか、知らないが、そういう結論にならざるを得ない。

会話が成り立たない。
言おうとする内容が、先に知られているのなら、話す必要などない。
しかし、建前上は、皆、そうでない振りをし続けなければならない。
それもルールらしい。
余分なことは言うな。
そう声を出して言う人もたまにいる。
しかし、そういう人は、いつの間にかどこかへ消え去り、見かけなくなる。
それもルールなのかもしれない。
ルールブックを作ったのは誰なんだ?

それは、まだわからない。

完了

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]