ショートショートバトル 5KBのゴングショー第227戦勝者

「この世のルール:現実ともいう」

国士無双

まぁじゃんをしませんか?
そう言われまして、わたしは、なぜ?
と思ったのです。
聞けば、朝までするのがマージャンだったはず。
朝の雀の鳴き声が聞こえるまで続ける。
モーニングコーヒーを一緒に飲まないか?
と同じ意味だとお母様に教えていただきました。
「あの、よくルールがわかりませんので・・・」
「大丈夫ですよ、簡単です。あなたなら必ずできます」
そう言われても固辞しようとしたのだけれども、そのまま引きずられていってしまった。
ジャンソウという場所は、思った以上にきれいで、まるでホテルのようだった。
「個室なんですね」
「ええ、もちろん」
真ん中に四角い大きなテーブルが置いてあって、それがピンクと黒と銀色の装飾が施されている。
「ルールは?」
「やってるうちにオイオイわかってきますよ」
私はすわらされ、相手は向かいに座ると思ったら、隣に座った。
「さて、始めましょうか」
相手はボタンを押した。二度。なんだか激しくなにかがかき混ぜられる音がして、その後でテーブルに亀裂が入り、そこから石の山が出現した。
「さぁ、こんな風にしてください」
相手のするのを見よう見まねでする。
「これを見てください」
そう言って相手はメニューを渡して、中から好きなのを選べと言う。
「この数字は?」
「ポイントですよ」
「ポイント?」
「まぁ、深く考えずに、メニュー通りに作ってください」
こうして初めてのマージャンが始まった。

一晩目はメニュー作成レシピの理解にほぼ全部を費やしてしまった。
二晩目は、してはいけないことの一覧と、失敗した場合のペナルティーについて。
三日目の夜は、演習を行った。机上演習だ。そこで、基本戦略を覚え、定石とそれのはずしかたなどなど、そういうものを一通り説明してもらった。でも、それは一度には覚えられないほど膨大で、少し嫌になってきた。
「あの、明日はお休みにしませんか?」
「だめです」
相手はきっぱりそう言った。
そして4日目、5日目、6日目が過ぎ、講習は終わった。
7日目の講義をうけに、ジャンソウにいくと、相手は来なくて、朝まで待ったけど誰も来なくて、たしか本番は4人でするものなのに・・・一人も来ないなんて・・・と途方に暮れていると、電話がぴりりりりりりと鳴った。
「あの、今日でお約束の期間が過ぎましたので、清算をお願いいたします」
信じられないほどの請求金額に眩暈を覚え、私は意識を失った。

気がつくと、真っ暗な部屋でテーブルを囲みマージャンをしていた。
他のプレーヤーの顔は見えないけど、一人去り、また一人去り、代わりにはいったものも去り、さすがに疲れてきたのだけれども、どうも負けないと去れないルールらしく、でも負けるにはポイントがゼロ以下にならないといけないのに、今のポイントは勘定できないほどの量で、相手が去るたびに増えてき、どうも死ぬまで続けても、ゼロになりそうになかった。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]