ショートショートバトル 5KBのゴングショー第226戦勝者

「虚空のベスト10」

ぐうきょきぱ?

鷺の話をしよう。
知り合いが、そう言い出したので、またかよ、と内心舌打ちをしたくなったが、知人は怒らせると怖いので、黙って拝聴することとした。
鷺というとりは、白いのが有名だが、青いのも黒いのも赤いのも、もちろん、紫色のだっている。
眉唾物の話だが、黙って聞くしかない。
鷺の好物を知っているかい?
さぁ、想像もつきません。
新鮮な魚だよ。
鮮魚ですか?
そうだね。
どんな種類になるんですか?
種類は関係ない。新鮮な魚ならいいんだよ。
嘘に違いない。知人は鷺など見たことないのかもしれない。案外、麒麟を日本に伝承した人は、こういう人だったのかもしれない。
鷺は、確かに存在している鳥のはずだ。
しかし、このような嘘の知識を植え付けられると、聞いているほうが純真ならば、簡単にころっと騙されるだろう。
知人の話には意味はない。ただ、話しをしたいだけなのだ。
酒をおごってもらっているので、本人には言えないが、とどのつまり、そういう話だ。
いつもこうなのではない。一緒に飲んでいて、楽しい話をしてくれるときだって、当然ある。
しかし、今夜はそうじゃないほうの日のようだった。
鷺の話の中身は、ひとつも覚えていないが、まぁ、「鷺」が別の単語であっても、変わりはない。
人との会話はすべてそうだ。と酔っ払って話を聞かされている間は、信じ込みそうになっている自分が怖かった。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]