ショートショートバトル 5KBのゴングショー第213戦勝者

「18禁」

きんぐしょーんず

「18金のリングをください」
見るからに金のなさそうな小娘が店に入ってくるなり、そう言った。
「プレゼントでしょうか?」
「いえ・・・その・・・」
店員は微笑みの中に「困惑」と「苛立ち」と「蔑み」と隠し、
「ご予算は?」
「あの・・・これ・・・」
少女が差し出したのは、ブラックカード。
写真入のものだ。
店員の微笑みは「売上目標達成」と「驚愕」と「猜疑」が若干混じったものに一瞬だけ変わったが、
「こちらにございます」
と少女の希望する品のある陳列棚に促した。
少女の視線は、棚の中にある様々なリングの上をいったりきたりした。
「よろしければ、ケースから出しますが・・・」
店員の言葉にも反応することなく、ザラツク視線をリングに浴びせ続ける少女。
店員も「ノルマ達成」がなければ、付き合え切れないような雰囲気の中、根気よく待ち続ける。
十分ほど経ってから、
「じゃあ、これと、これと、これを出してもらえますか?」
と店員を見ずに、少女は言った。
少女が指し示したのは、一番右のシンプルなリングと、真ん中の凝ったつくりのものと、一番左の、最右端のものとは違った意味でのシンプルなもの。
店員は殊更、恭しく三つのリングをショーケースの上に並べると、
「どうぞ、ご自由に・・・」
といつもの台詞を言い終わる前に、それは起こった。
三つのリングの入った箱ごと少女はなぎ払い、ケースの上から全て落とすと、カードを店員に示し、
「支払いをお願いします」
と告げた。
店員は床の上の商品が気になりながらも、有無を言わせぬ調子とブラックカードの威力に、
「はい、かしこまりました」
と応えていた。
ほかの店員が気を利かせて、床の上の箱を拾おうとすると、
「触らないで!」
とピシャリと制し、
「チェックはまだ?」
と処理をせかす。

カードを手にした店員があわてて決済処理を済まし、
「では、こちらにサインを」
と少女に言うと、彼女はペンをジャケットの中から取り出し、手馴れた感じでそれを済ませた。
ペンはモンブランの最高級品のように見えたが、定かではない。
「ありがとう」
そう言うと、少女は床のリングには目もくれずに去っていった。

「なんだったんでしょうか?」
「わからないわ、わたしに聞かないでよ」
「で、これはどのように処理しますか?」
床の上に放置されたままの商品を指して、ある店員が言う。
「傷がないか確認して、もう一度・・・」
そう言いかけた店長が、
「いえ、やっぱり、破棄して」
と言うと、ぎょっとするものもいたが、
「どこかの老舗料亭みたいになりたくないもの」
と彼女はつけたした。




[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]