ショートショートバトル 5KBのゴングショー第212戦勝者

「 スカイ」

ききみみずく


 そういえば、昨日の新聞に「    」とあった。
 「    」の「  」って、どういう意味なんだろうか?
 そういう質問を、友人にしたら、
「そんなことも分からないの?」
と大声で言われて、赤面させられた。
 さて、赤面したのはいいけれど、元に戻らなくなってしまったのは、困った。
 赤面が通常の顔色だと、
「熱でもあるんですか?」
とか
「酔っ払ってるの?」
とか、いらぬ心配を(心配なのか)されてしまい、日常生活に支障をきたす。
 そのせいで「  」に対して敵意を抱くようになってしまった。
 しかし、考えてみれば、「  」は別に悪くない。耳慣れない言葉だっただけだ。
 「   」を編み出した人物こそ、敵視すべきだ。
 しかし、あの同僚が、これみよがしに大声で叫ぶように指摘しなければ、こんなことにはならなかったのだ。
 と、近所の古老(そう言うのが相応しい人なのだ)に話すと、
「なるほど・・・そうかもしれん」
といつものように同意してくれて、心の平安が訪れた。
 自分でも単純だと思う。
 いわゆるボケ老人というのは語弊があるが、それに近い人に同意してもらって安心するなんて・・・。
 しかし、古老のことろには、わたし以外にも相談に来る人は多い。
 なにを相談しているのかは分からない。
 入り口ですれ違うだけだから。
 すれ違う際、出ていく人は安堵感を漂わせ、入ってくる人とは対照的だ。
 すると、きっと古老はある種のカウンセラーよりも有能なのかもしれない。


[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]