ショートショートバトル 5KBのゴングショー第205戦勝者

「チョコレート 心臓 夜道」

千代子

チョコレートは、恋の味。
どこかで誰かが、そう言っていたような気がする。

友人のユウジにチョコを渡そうかどうしようか、考えつつ、コンビにの棚を眺めていると、

「何してんの?」
とクラスで隣のキセノが話しかけてきた。
「なんで、お前が・・・」
「コンビにくらい来るよ」
そうだ、中学生ともなれば、コンビニくらい普通だ。
いや、そういう話じゃない。
「どうかした?」
「別に・・・」
「あー、もしかして、こういうチョコ欲しいの?」
「んな、わけないだろ」
俺はそのまま店の外へ出た。

振り返ると、キセノがいるかと思ったが、それはなかった。

店の外は2月だというのに、なんだか馬鹿に生暖かくて、嫌な感じだった。

結局、ケチがついたので、チョコは買わずじまい。
今年も、例年通り、なにごともなくバレンタイデーは過ぎた。
今年は2/14は日曜日だったので、考えてみれば、呼び出す、あるいは待ち伏せしないことには渡せないから、それはそれでよかったのかなと思う。

それから三日後の放課後。
いろいろあって、いつもより遅い下校の途中で、キセノを見かけた。
やつは、なんとチョコレートアイスを食べながら歩いていた。
その日はバレンタインの前日のようじゃなく、正真正銘の真冬日だったので思わず、
「寒くない?」
と声をかけてしまった。
「え? 別に」
となんともとぼけた返答だ。
そういう奴の頬は、寒さで真っ赤になっていて、見ているほうが心配になる。
「どうしかした?」
「いや、すっごく寒そうに見えるんだけど」
「そんなことはない。なぜなら・・・」
と奴の長講釈が始まった。
チョコレートは食べるとドキドキする。それは鼓動が早くなるからで、つまり、血液の循環が良くなる。すると酸素が体内に良く供給され、脂肪が燃えやすい。
また、寒いときに体を冷やすと、自律神経が体温を上げようとする。よって、脂肪が燃えやすい云々。
長い話を要約すると、そんな感じだ。
「ダイエットの一環か」
「そだね」
奴はそう言ってニヤっと笑った。
冬の日は短い、相対的に。
本当は以前よりも長くなってきているんだったと思うけど、今日は夜、雨という予報のためか、もうかなり暗い。
防犯灯もすでに自動点灯していた。
夜道を女一人で帰すのもなんだったので、
「送っていく」
と言うと、
「もうすぐだから、そんな必要はないけど・・・」
と進行方向を見たまま奴は言った。
「ありがとう、とかなんとか、言えないのか?」
そう言うと、
「ありがとうございまする」
とおどけて見せた。
なんだか、それ以上会話するのが馬鹿らしくなったので、黙って奴の家まで送っていった。

翌々日、学校にいくと、キセノが転校したという話だった。
「話だった」と伝聞調なのは、前日、昼休みにサッカーをしていて、すっころんで足首を捻挫してしまい、早引けしたからだ。




それから、数年後。
キセノだという女性に街で声をかけられたが、どうにもこうにも信じられなくて・・・。
あ、友人のユウジが、なんと今、その子が付き合っているということのほうが、もっと信じがたいことなんだけどね。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]