ショートショートバトル 5KBのゴングショー第205戦勝者

「sa about」

北斗のまいたけ

皆が集まり、宴は始まった。
鯖のペーストののったカナッペを右手に、左手にグラス。
「どうも、はじめまして」
「どうも」
軽い挨拶から始まり、どんな仕事をしているのか、今興味のあること、そんなたわいのない話をしつつ、ドリンク&ドリンク。

酔いも程よく回ってくるころには、BGMもホットなものならスイートなものに変わっていき、
気づくと、どこかに消えていった人たちもちらほらと。

ボクは、鯖のペーストって、どうやって作るのかなと思い、先ほどから料理人だという髭の素敵なナイスミドルから、その作り方を聞き出そうとしている。
しかしながら、彼はなかなか教えてくれない。
「まぁ、鯖をさばいて、それで小骨を取って・・・」
非常に具体的なんだけど、料理をしないボクには、難しい単語ばかりだ。

「お飲み物はよろしかったですか?」
ブラックスーツにサングラスと言う、いかつい感じのウエイター氏が、そう声をかけてくる。
「あ、おかわりを」
と言ってボクはトレイの上のグラスと自分のそれを交換する。
ナイスミドル氏は、「私は、まだありますので」と断った。

「・・・とどのつまり、鯖をよく練って、そこに味付けをすればいいんですね」
ナイスミドル氏は、口ひげを少しなでてから、
「・・・まぁ、そういうことになりますね」
と言って、グラスの酒を飲み干し、
「ちょっと、失礼」
そう言ってボクの前から去った。

気がつくと、もう誰もいない。
もしかして、ボクは彼と一緒にここを出て行くべきだったのかもしれない。

携帯電話が振動した。
着信?
電源を切っていたはずなのに・・・。

ボクは取り出して、ディスプレイを見た。

友人81からだった。
出ようか出まいか迷ったけど、ボクは、パーティールームから出て、パウダールームで電話に出た。
「よぉ、元気ぃ?」
「テンション、ちょっと低め」
「へぇ、今日はPTだったはずじゃないのか」
「そうだけど、いま、少し・・・」
「あぶれていたりするのか?」
「・・・いや、そんなことはないけど、どういう用件?」
「ん、ああ、ちょっと暇だから・・・」
「こっちは忙しいんだけど・・・」
水の流れる音のあと、ドアが開き、誰かが出て行った気配が・・・。でも、ここはパウダールームだ。
「・・・そのPTは、その、招待状とか必要なのかな?」
「いることになってるけど、もうこの時間なら、フリーパスじゃないかな」
「そっち、行こうか?」
なんだか、変な雰囲気になりそうだったので、
「勝手にすれば」
と言って、ボクは電話を切った。

PRに戻ると、どこかに消えていた人たちが、戻ってきていて、ちょうどディスコタイムになるところだった。

ビートに身を任せて、いろいろな考えが頭の中から消えていくのを、ボーっと眺めている自分がボクのパートナーだ。

何曲か曲が変わり、気がつくと、チークタイムというものになった。
周りを見ると、いつの間にか、またみんながどこかに行ってしまい、一人PRに取り残されていた。

緩やかなメロディーに、意識がはっきりしてきてしまい、もう踊り続けることはできない。

携帯の着信があった。

誰もいないので、その場で出る。

「近くまで来たんだけど・・・」
「たぶん、そのあたりで明るい建物は、ここだけだと思う」
「そうなの? 他にもいっぱい・・・」
「見つけてよ」
彼の言葉を遮り、そう言うと、
「・・・わかった。努力してみる」
と変な返事。
ボクは
「ガンバッテ」とつぶやくように言って、電話を切った。

彼は、ここにたどり着けるのだろうか?
パーティーが終わるまでに、たどり着けるのだろうか?




[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][掲示板][リンクの小部屋][図書カードのあたるメルマガ][エクセルマクロ・CGI制作代行]