ショートショートバトル 5KBのゴングショー第193戦勝者

「簒奪 」

無無無無

某国の国家財政は、破綻している。\
といのは、誰もが知るところであるが、実は、それを解消する奥の手があった。
国家は、狡猾なのだ。

国家の財布は空でも、国民の財布がある。
そういうことだ。

まったくもってセコイ話であるが、大家が破綻したら、住んでる部屋はどうなるの?
ってな感じである。

筆頭債権者の赤井龍さんは、非常にニコヤカニ、やってきたのだけど、僕らを震え上がらせるには十分すぎる、お言葉をおいて帰っていった。

「君たち、ここは3日後に取り壊すから、よろしくね」
「ちょ、ちょっと待ってください!!」
誰かがそう叫んだ。
しかし、赤井さんは、健脚で、一瞬のうちに消え去っていた。

「どうするよ」
隣の部屋の坂上は言った。
「どうするもこうするも、大家が夜逃げしたんだから・・・」
「おい、お前、法学部だったよな」
「え? ・・・ああ、でも・・・」
「でも、なんだよ」
「おいおい、そこで止めとけよ」
「なんでだよ」
「・・・今は、そんなことよりも、引越ししないですむ方法を考えなきゃ」
僕らは貧乏学生なので、引越し代なんて捻出不能だ。
赤井さんは、一人できたけど、その後、このアパートの住人の倍の人数でやってきた黒作業着の男たちは、「差し押さえ」という札を貼って去っていった。

おいおい、差し押さえって、税金払わないと貼られるのじゃなかったのかな?

しかし現実に、そういう札がいたるところに貼られ、まるでお寺の山門かなんかのような様相を呈してしまった、このぼろアパート。

僕らは狭く、クーラーもない部屋で、侃々諤々と意見を交し合ったが、所詮、学生である。机上の空論ぐらいしか出てこなかった。
「三人寄れば文殊の知恵というのにな」
「そりゃ、きっとマギシステムみたいなのを言うんだよ」
「なるほど、東方の三賢人か」
くだらない雑学ネタだけは、洪水のときの排水溝に流れる汚水のように溢れ出てきた。

そうこうしているうちに、な、なんと、わが国がデフォルトをおこすという、そういう不穏な噂が、ネットを中心に流れ始めた。

国の大家が破綻。
そういうことになるのだろうか?

国が破綻したら、どうなるのかなぁ。
国債の大量保有者が、筆頭債権者の赤井さんみたいな人だと、困るなぁ。

そうこうしているうちに、夏祭りが終わり、秋が来て、
僕は、友人の家に居候している。

あのアパートの仲間は、みんな、どこか居場所を見つけたのだろうか?

もう、あのアパートは更地になっている。

国のほうはというと、「簒奪」(正式にはそう言わないが、誰もがそういっている)により、デフォルトの危機をクリアした。

国ってズルイよなぁ。

僕らにも簒奪する国民がいればなぁ。

そう思わずにいられない、そんな夏だった。


[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]