ショートショートバトル 5KBのゴングショー第192戦勝者

「いろいろ」

あっくん

 いろいろな小説がある。
 それは小説が自由だからだ。
 殺人を書いてもいいし、恋愛を書いてもいい。世界の破滅を書こうと、宇宙大帝国を書こうと、人類の起源を書こうと、戦国時代を書こうと、自由だ。
 ボクもいろいろな小説を書いてきた。
 ホラーも恋愛もSFもファンタジーもハードボイルドもパロディも。
 カラーが決まっていると、それなりに満足した小説に思える。
 でも、最近、色が自分で見えない。
 比喩でなく、世界が灰色に見える。
 そのせいか、小説の文字を赤とか緑にして書いてみたりする。
 ひどいときは、一行おきに文字の色を変えたりする。
 変えたところで、内容に変わりはない。
 
 友人が死んだ。
 それが、かなりこたえているのだろう。
 ボクが殺したようなものだから、特にそう感じるのだと思う。
 
 ブルータスお前もか。

 とシーザーが言ったとか、言わないとか。
 それと同じようなことを、彼にした。
 その代わりに、ボクはある女性と結ばれた。
 こう書くと、そんなことよくあることだろ、と言われるかも知れない。
 彼が、死ぬその間際まで、ボクのことを信じていた。
 それが、ボクを苦しめるのだ。
 愛しい彼女の笑顔を見るたびに、彼のことが思い出されるようになり、最近は、彼女にも暗い顔を見せてばかりいる。そのせいか、二人の中もぎくしゃくしてきてしまっている。
 別に、彼をビルの屋上から突き落とした、とかではない。
 彼は自殺だ。
 遺書はなかった。
 彼を裏切っていたことを知っているのは、ボクと・・・・・・。
「もしかして、私のこと嫌いになった?」
 彼女の表情も最近、曇りがちだ。
 でも、それもボクのせいだ。
 決して、彼女のことを嫌いになったわけではない。
 でも、
「もしかすると」
「もしかすると?」
「そうなのかもしれない」
 彼女の両目から涙があふれ出し、それは、この狭い部屋を水没させるに十分なように思えた。
「ごめん」
 ボクは素直に謝った。
 しかし、彼女は泣き続けた。
 ボクもいつの間にか涙を流していた。
 二人の涙で、水没した世界で、死ねたら、いいのかもしれない。
 でも、それは彼が許さないだろ。

 明日、締め切りの小説を書かないと。
 ボクは、泣き続ける彼女をあとに、仕事部屋に入った。
 モニターの電源を入れる。
 旧式のモニターの画面が割れ、そこから信じられないほどのグレイの水が流れ出した。
「逃げて!!」
 ボクは彼女に叫んだ。
 でも、 ボクらの世界は一瞬で水に飲み込まれてしまった。
 水中を漂う彼女の泣き顔が、悲しかった。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]