ショートショートバトル 5KBのゴングショー第191戦勝者

「変身」

すーじーぐれい

 子供時代、正義の味方になりたかった。
 正義の味方は、毎週、悪い奴らをやっつける。
 ボクはいじめられっ子だったので、その悪ものに、いじめっ子を投影していたのかもしれない。
 でも、それは昔の話だ。

「おい、なにやってんだよ」
「な、なにって、言われたとおり・・・」
「言われたとおりって、・・・もしかして、お前、ニホンゴワカリマセン、か?」
「え、でも・・・」
 恐怖にゆがんだ表情が、私の荒んだ心を、さらに荒ませる。
「でも?」
「いえ、その」
 あまりにも予定調和で、荒み具合が、臨界点を超えた。
 顔ではなく、腹を殴る。
 蛙のような鳴き声。
 許しを請う瞳には、涙が浮かんでいる。
 それが、ますます、頭に来る。
 さらに、一〇発ほど、腹にお見舞いする。
 下呂を吐きかけてくるが、そんなものは気にならない。
 相手が気を失ったのを見て、
「可哀想な人」
 そうボクは呟いて、その場を去った。

 歩いているうちに、さっきのヤツの嘔吐物を拭い忘れていたことに気づく。
 周りの大人の奇異な者を見る目。
 荒む。
 きっと、明日もまた、同じことを繰り返すだろう。


[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]