ショートショートバトル 5KBのゴングショー第187戦勝者

「つゆしらず」

oh!nema

それは6月の中旬のことだった。
薫が学校からの帰り道、道端でみつけた紫陽花が枯れてしまったのは。
いつもの通学路で、顔見知りの高梁さんに何度か会ったのだが、何を話したのか全く覚えていない。彼は一度ならず彼女を誘ったのたが、当の薫が気づく気配すらみせないのだから。
「薫さんはいつもこの道なんだね」
「そうですね」
「飽きないかい?」
「飽きる?」
「だって、君くらいの年齢なら、いろいろしたいじゃないか」
薫は高梁の軽口に真剣に悩むように眉根を寄せた。
「いや、そんな真剣にならなくても・・・」
高梁はなぜか足をかきかきそういった。
高梁との短い会話は常にそんなかんじだった。
薫はすぐに忘れてしまうのだが。

ある日、梅雨というには、いささか激し過ぎる雨が降った日、高梁が傘もささずに、いつものところに立っていた。
「どうしたのですか、傘もささずに?」
怪訝に思った薫がそう言った。
高梁は無言で薫をみつめ、たたずむのみ。
その眼差しには、ある種の決心のようなものが含まれていた。
「薫さん、あなたは・・・」
高梁が言葉をやっと吐き出すようにつぶやいた時、稲光が!!
薫は驚いて短く悲鳴をあげる。
彼女の傘が飛ばされ、転がっていく。
高梁は、それを素早く拾いあげ、薫の上にさしかける。
「・・・ありがとう」
「いえ・・・」
無言の二人を包み込むように、雨が優しくなっていった。
翌日、薫が自分の教室に行くと、クラスメイトの一人である美明が
「薫、なんかあった?」
と興味津々な目をしながら尋ねてきた。
「なにかって?」

「えー、すっとぼけちゃって・・・」
周りに他のクラスメイト達も集まってきて、ガールズトークは延々と続いていきそうだったが、1時間目の担当科目の教師が入ってきて、それは唐突に終わった。
「では、教科書の・・・」
薫は、教師の言葉を聞き流しながら、窓の外の景色を眺めていた。弱い雨が降っている。でも、もうすぐ晴れそうな予感がした。
放課後、美明と一緒に帰ることになった。
雨が止んで、水たまりがアスファルトのくぼみに出来ていた。
たわいのない話をしながら、美明と薫が歩いていくうちに、高梁といつも出会う場所にたどり着いた。
(あれ、今日は高梁さんいないんだ)
「どうかした?」
「ん、いや、どうもしないよ」
「それでさぁ・・・」
薫がふと目をやった先に植えられている紫陽花が、まだ六月だというのに、なぜかすでに枯れていた。
その年の梅雨は、いつもよりも早く明けて、暑い夏が早めにやってきた。
美明といつの間にか、よく一緒にいるようになった薫だった。
「薫さぁ、今時、その髪型は、ないんじゃないの?」
「え?」
「その、『みつあみ』っていうの? ちょっとダサくない」
「そうだね、ちょっとダサイかも」
「でしょー。で、話変わるけど・・・」
美明の言葉が耳から耳へと抜けていく。
放課後。
薫と一緒に帰ろうとする美明に、彼女は言った。
「ごめんね。今日は、ちょっと用事あるから」
「え。・・・あ、そう。じゃあ、また明日」
「うん」

薫は学校の帰り道にある、洒落た感じのカットハウスに初めて入った。
かなり待たされて薫の番が回ってきた。
「どういたしましょうか」
「バッサリと切ってください」
「バッサリですか・・・。ちょっとお待ちください」
担当の若い男性が席を外し、ちょっと年嵩の男性に変わった。
「バッサリって、これくらいなか?」
その男は、彼女の三つ編みをつまんで持ち上げて、そう言った。
「そうですね、それくらい」
ものの二〇分ほどで、カットは終わり、薫が鏡の中の見知らぬ顔をマジマジと見つめていると、
「ダメだったかな?」
と男性が、ちょっと困ったような表情でそう言った。
「いえ、そう言う訳じゃないけど・・・」
「気に入らなかったら、直すから、また来てよ」
「・・・そうですね。ちょっと様子見てみます」
「ありがとう」
男性はそう言って、いたずらっぽい笑みを浮かべた。
それは全然似ていないのだけど、なぜか高梁のことを薫に思い出させた。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]