ショートショートバトル 5KBのゴングショー第185戦勝者

「神秘体験」

カーン

この世をお作りになられたのは、神様です。
神がいなければ、この世はなかったのです。
今、世の中は乱れきっています。
しかし、きっと神が、神がそれをただしてくれるでしょう。

という新興宗教なのか、なんだかわからないが、そういった類のチラシを街角で押しつけられた。
某宗教的な押しつけがましさが、そこからは漂っていた。
私は、それを丸めてくずかごに捨てようと思ったが、残念なことに、セキュリティー上好ましくないと言うことで、どこにもくず入れがなかった。

しょうがないので、グシャグシャに丸めてポケットに突っ込んでおく。

そして、そのことを忘れ去った。


数日後。
わたしは、UFO?、たぶん、そういわれると思われるものの中にいた。
謎の円盤UFOと昔よく言われていた、あれだ。
宇宙人がやってきて、人語ではない言語で話しかけてくる。
「p9123phdfpwhrg2452」
「???」
銀色の、そうB級SFでよく見る作りの宇宙船と思われるものの中で、私は全裸で冷たい台くくりつけられている。天井のミラーにそれが映っていて、いやでも自分の境遇を思い知らされる。
彼らの冷たい滑った触手のようなもので、触られると、ゾクゾクと鳥肌が立つ。
「p1934うふぃあdさいhr4」
「うぇ4qえ」
「おいうfpgw9r04う」
「ph34909qいぇ4」
数名?のエイリアンたちは、何を言ってるのかわからないが、協議しているようである。私をどうするつもりだろうか?

「あー、もしもし?」
?!
「この言葉が理解できるかね?」
彼らから人の言葉が聞こえてきた。しかし顔と思われるところには、口と呼べるようなものは存在しない。
テレパシーとか言うものなのだろうか?
「理解できない場合は、しょうがないので・・・」
「理解できます!」
私は慌ててそう言った。
「よろしい。では、これを見たまえ」
それはあのチラシだった。一体全体どういう意味が・・・?
「君は、この内容を理解したかね?」
理解? そりゃ、普通に学校で習う範囲の言葉だから・・・。
「ええ、理解しました」

「qウィエhえうq」
「34r245th65」
「8hんっmwlwp8」
「3243456y5」

彼らがまた激しく?言い合いをする。
よく見ると、若干それぞれのエイリアンは違うように見える。

「では、それを君は信じるかね?」
信じるも何も、馬鹿げたチラシじゃないか。
そう思った私は、「待て」という声が聞こえたような気がし、
「・・・そうですね。神というものが存在し、世界を作られたのなら、きっと世界を救ってくださるでしょう。そして、その世界を構成する一部である私も救ってくださると思います」
「なるほど・・・」
エイリアンの納得するようなつぶやきの後、私の意識は途切れた。

この話は、まだ誰にもしたことがない。
彼らが「神」だったのか、インベーダーだったのか。
それは分からない。
でも、誰も信じてくれない与太話には違いないだろう。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]