ショートショートバトル 5KBのゴングショー第184戦勝者

「キミシニタモウコトナカレ 」

北都のマイタケ

 わたしは10年ぶりぐらいに、田舎に戻っていた。
 もうすぐ夏祭りの時期だ。
 今年は不況で中止かもしれない。そんな風に言う人もいたが、こんなときだからこそということで、例年通り開催されることになったらしい。
 友人も皆、都会に出てしまっているので、学生の頃通った店の主人とぐらいしか、こんな話はしない。
 両親には、顔を合わせづらいので、隣町にアパートを借りて住んでいる。
 今日もコンビニのバイトに出かけようとドアを開けると、なぜか、開かない。
 鍵閉めたままだったかな。
 そう思って確認してみたけど、いくら寝ぼけているといっても、それはなかった。
 もう一度、ドアを押す。
 ずず。
 なにかが引きずられる感覚があった。
 ドアを何とか開けると、
 『ニュ〜』
と猫のような鳴き声がする。
 わたしはドアの裏側をのぞき込んだ。
 デブ猫がいた。どうみても、雑種の野良だ。ふてぶてしい目で、わたしを見上げている。
「どうしたの?」
 わたしは猫にそう話しかけた。
 猫は立ち上がると、アパートの廊下をゆっくり歩いて階段の方に向かっていった。
 ちょっとムカッときたけれども、バイトのことを思い出したわたしは、急いで階段を降りる。猫は階段のど真ん中を「ととととと」と降りて、アパートの前の道路を横切って、向かいのマンションの脇に入っていくところだった。

 今日のバイトはさんざんだった。
 だいたい、わたしは接客業は向いていないんだと思う。
 明日からどうしたらいいだろうか? この片田舎では、求人はとても少ない。
 通帳を棚から取り出して開いてみた。見なくても分かっているが、見てしまう。
 死にたい気分になってきた。マジで。
 そのとき、『んにゅ』とドアの外で何かの鳴き声が。
 今朝のアレがまた来たのかな。そう思ってわたしは出てみた。
 今朝と変わらぬふてぶてしい顔でわたしを見上げる野良。
 その顔が憎らしくて、
「なにしにきたの?」
と腰に手を当てながら言ってみた。
 するとそいつは、勝手に部屋に入ってきた。
「ダメ!! ここ、ペットダメなんだから」
 わたしが慌てるのにも全然かまわず、野良はベッドの方に。その見かけからは、考えられないような軽快な足取りで、「たたた」と小走りで進んだ後、ぱんっとジャンプして、ベッドのど真ん中に陣取ってしまった。
「なに勝手なこと……」
 わたしが怒っても、全くの無視。
 その後、あの手この手で出て行かそうと思ったのだけど、思った以上にしぶとく、わたしの方が根負けしてしまった。
 疲れた、寝よう。
 そう思ったが、野良が、ベッドの中心で、寝息を立てている。
「ちょっと、はじっこに行ってよ」
 そう言ってわたしが押すと、起きて少しだけ位置をずらした。そしてすぐにまた寝てしまった。
 デブでふてぶてしいけど、なんか寝顔は可愛いところもあるな、わたしは野良の顔を見ているうちに、いつの間にか眠りに落ちていった。


 

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]