ショートショートバトル 5KBのゴングショー第176戦勝者

「replica」

雨森@

 つやつやとした飴色に焼かれた白身魚の切り身には、黄緑色のジュレソースがかかっている。そっとナイフで切り分け、左手のフォークがそれを受け取る。一口大に切断された、メインデイッシュ。
 たらり、と滴った黄緑色が、純白のテーブルクロスに一点の彩りを添えた。もしこれが緋色ならば、もっと別の想像が出来そうだ、と僕は心の中で微笑む。
「美味しい?」
 僕がまだ魚を口に入れていないと分かっているくせに、彼女はそんなことを尋ねる。僕も魚も無言のままだ。
 ほろり、と舌の上で崩れていく白身魚。軽い焦げ目のついた皮の部分に、ソースが程よくからまっている。微かな香ばしさを残して、喉の奥へと消えていく。
「美味しい」
 僕は、彼女の質問をそのまま肯定口調で返した。そう、とどこか嬉しそうに笑った彼女は、僕の動作をなぞるようにして魚を解体していく。
 そうして、彼女の口から咀嚼音が漏れ始めた。それは決して生々しいものではなくて、そう……例えば、車に乗った時に聞こえるエンジン音のようなものだ。実に自然で、心地よい。
「分からないの」
 彼女の唐突な呟きに、僕はほんの少しだけ顔を上げる。敢えて返答はせずに、視線で言葉の続きを促したつもりだ。右手のナイフを魚に突き刺したまま、彼女はまた唇の端を吊り上げた。
「こうして貴方と食事をしているのに、私は孤独を感じているわ。ねぇ、どうしてかしら?」
「それを僕に聞くの?」
「だって、ここには貴方と私しかいないじゃない」
「オッケィ」
 彼女の言う“ここ”は一体どこを指しているのだろう、と僕は濁った頭で考えた。世界だろうか。僕がこうして魚を何度も切り崩している間に、全人類が死に絶えるような事件が起こっているのかもしれない。それはそれで素敵なことだ。
 言葉を探し、僕は天井から下がったランプの群れを眺めた。規則正しく並ぶ、オレンジ色の灯。
「僕だって、今この瞬間にも孤独を感じているさ。それこそ、思考の根底に染みついてしまったように」
「でも貴方には私がいるし、私には貴方がいるのに、私たちは孤独なの?」
「孤独はね、一人っきりの時に感じるものじゃないと思うな。他人の気配や、息遣いや、喧しい音があって……そんな状況の時に、するりと生まれる。都会の申し子だ」
 貴方らしい比喩ね、と彼女はまた笑った。
「孤独は自由で贅沢だよ。孤独でない状況を感じたことがあるからこそ、人は孤独を認識できる。とても価値があるものなのに……その真価を直視せずに、人は孤独に背を向けようと必死で努力する」
 珍しく長口上を終えた僕は、グラスの水に口をつけた。砕かれた氷は、無色さを保ったまま揺れている。思い出したように、白身魚と目を合わせるが、もう温かさも存在価値も失った彼は、ひどく大人しそうに見えた。
「じゃあ、孤独には価値があるのね? 孤独を感じる私にも価値はあるのね?」
「……さぁね。僕は嘘を言っているのかもしれないよ」
 意地悪にそう言ってやると、彼女は驚いたような表情を見せたが、すぐにいつもの微笑みを浮かべた。
「失礼します」
 近づいてきたウエイターの男性が、空になった僕のグラスを奪い、並々と水を注ぐ。
 一瞬見えたグラス越しの彼女は、相変わらずの、綺麗な微笑を浮かべていて。
「とても、美しかったと思うよ」
「え?」
「僕たちの孤独が」

作者のサイト:http://sky.geocities.jp/doggy_dog_920

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]