ショートショートバトル 5KBのゴングショー第170戦勝者

「あたしの中の アタシ。」

奈々

今、 手首を切った。

自殺? 違う。  いえ、違わない。  どっちなんだろう?ホントは アタシにもわからないんだ。
チラ っと時計の針を確認する。午前2:43 手首から血が流れてる。 午前2:44 45 46、、、。

机に広げたままの白いノートが どんどん赤く染まってく。でも 時計の針は止まらない。 47、、48、、49、、、、、
このまま時間が過ぎていったらアタシ、死ぬのかなあ。 だよね。死んじゃうんだ きっと。

アタシ、今 自殺しようとしてるの? いいえ、違う。  ううん、違わない。 なんでだろう わからないんだ。
死にたいの? いいえ、死にたくない。  そう、死にたい。  ホントに?  ウソ。  支離滅裂。 自問自答を繰り返す。
 

手首は傷だらけ。  『今回で何回目だろう。』  なんて考えながら セッターに火をつけて
ため息といっしょに煙を吐き出す。 まだ15のくせに生意気だよね。
何回 同じコト繰り返してんだろう。 相変わらずアタシって バカ。 でも、確認したい。 生きてる事。
今アタシがココにいる現実。生きてる現実。夢じゃない現実。なのに 時々わからなくなるから
そんな時にはこうして確認してみるんだ。何度も、何度も、何度も。 痛みが身体に走ると なんだかちょっぴり安心するから。

手首からは赤い血がちゃんと流れるし そんでもってヤケにあったかいし。 『やっぱ、生きてんじゃん』って感じるコトができるから。
やっぱ死ぬ気なんかないんだよな。って さっきみたいに心の中で自問自答を繰り返す。『ヤバい、手首を早くタオルでおさえなきゃ 出血多量で

死んじゃうよ』って あたしが叫ぶ。アタシはなんだかそんな自分がおかしくて笑っちゃうんだ。いつも。

もう15。 まだ15。  あたしの中のアタシが 時々 悪魔の顔を覗かせるけど

大丈夫、いつかはのりこえちゃうから。今はちょっと苦しいだけ。痛みが体中を、心の中をかけめぐるけど
大丈夫、いつかはのりこえちゃうから。     なーんて 今日はちょっと自分を励ましてみたりして。 


あんなに血が流れてたのに 傷口がもう塞がってる。 明日になったら傷口はカサブタになってまた同じ毎日を繰り返すんだろう。
カサブタが落ちた頃 またなんとなく生きてる確認がしたくなって、、。それでもいつか そんな確認もいらなくなる時がくるかな。
生きるので精一杯になる日がくるかな。だけどそれまで めんどくさいな 15才。 めんどっちーな。思春期。

半分笑って半分泣きながら アタシはもう1本 タバコをくわえた。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板] [エクセルマクロ・CGI制作代行]