ショートショートバトル 5KBのゴングショー第153戦勝者

「おばあちゃんは詐欺師」

たそがれイリー

「オレ、オレだよ、ばあちゃん」
「その声は、タカシなのかい? どうしたんだね」
「そうだよ、タカシだよ。実はさ・・・事故しちゃったんだ」
「事故? おまえ、怪我はないのかい?」
「怪我はしてないよ。だけどさ、車をぶつけちゃった相手がさ、ヤクザみたいな、いやヤクザなんだよ」
「ヤクザかい! おまえ、脅されたりしてないだろうねぇ」
「100万円だって。100万円払えば、これ以上何も言わないでやるよって、もう3日間も脅されているんだよ」
「100万円かい。学生のお前に、払える額じゃないだろうに」
「そうなんだよ。だからさ、申し訳ないとは思うんだけど、おばあちゃんに頼るしかないんだよ。オヤジやお袋には、あまり心配かけたくないし」
「わかったよ、何とかしてやろうじゃないか。大事な孫のためだ」
「ごめんね、おばあちゃん。だったらさあ、これから銀行の口座を言うからさ、そこに振り込んで・・・」
「あ、ちょっと待っておくれや、ミチオ・・・じゃなくて、タカシや」
「どうしたの?」
「100万円用意してやるのは簡単なんじゃ。定期預金を解約すればいいんじゃががね・・・まだ満期になっておらんのじゃよ」
「満期になったら、解約できるの?」
「そう言うことじゃて・・・これから、ばあちゃんが言う農協の口座にな、30万振り込んでくれれば、なんとかしてやれるけん・・・これから、振込先を言うからのぅ・・・」

作者のサイト:http://tasogare.goraikou.com/

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]