ショートショートバトル 5KBのゴングショー第151戦勝者

「カンゴクルクル」

志保龍彦

 ようやく俺は監獄から出ることを許された。
 監獄の中は最悪な場所だった。
 生きて行くのにあそこほど過酷な場所は無い。
 殴られ、蹴られ、叩かれ、罵られる。
 大切な食い物も横取りされる。俺はいつも腹を空かせていた。
 慈悲のかけらも無い世界。
 容赦のかけらも無い世界。
 仲間はおらず、常に一人。
 苛められた。
 殺されかけた。
 自殺しようと思った。
 痣だらけの体を見ても、誰も何も言ってくれない。
 傷だらけの顔を見ても、ただ連中は笑うだけだ。
 もう二度とあんな場所には戻りたくない。
「さあ、さっさとしろ」
 俺は促されて、鉄格子をくぐった。
 その瞬間、一気に世界が変わった気がした。
 ようやく戻ってきたのだと実感することが出来た。
 自然と涙まで溢れてきた。
 本当に、嬉しかったんだ。
 鉄格子の先にいた男が、ふと俺に気づいて言った。
「なんだオッサン、また戻ってきたのか。今度はついに人でも殺したか?」
 囚人服を身に纏った男は呆れたような顔をしていた。
 でも構わないんだ。ようやく、俺は外という監獄から逃げ出すことができたのだから。

作者のサイト:http://book.geocities.jp/sisibotaru23/homepage.htm

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]