ショートショートバトル 5KBのゴングショー第137戦勝者

「運命なんて」

「ねぇ、たまたま君が僕より2年早く生まれて、たまたま同じ大学の同じサークルに入って、たまたまお互いそ のとき想い人がいなくて、その後、たまたまお互いを好きになる確率ってどれくらいだと思う?」
 
 ふと頭をよぎった途方も無い疑問を僕は馬鹿正直に彼女に尋ねた。

「ばかね、全部『たまたま』なんかじゃないのよ。お互い生まれたときから、ここで出会って、相思相愛にな るって決まってたのよ。わたし、あなたと始めて会ったとき何かピッときたのよね」

 自信満々っといった顔で彼女が答えた。

 僕はむっとしてしまった。

「なんだよそれ、この世の全部はあらかじめ決まっているってこと?それってなんだか…なんだか誰かの手  の上で踊らされているって感じがする。…何か嫌」

 ぶう、と僕はほっぺを膨らませた。

「全部が決まってるなんて言ってないわ。それに、普通は『運命の出会い』とかって喜ぶものじゃないの?」

 そういいながら彼女は僕の膨らんだほっぺをウリャーといいながらつぶそうする。

「喜ばないですっ。…少なくとも僕は。何か、運命って一言で片付けられちゃうと、今にいたるまでの僕の選 択とか努力とか葛藤とか、全部意味がなかったみたいで、嫌。それに…」

「それに?何?」

「なんでもないですっ…」

 こらこら、拗ねないのと言って彼女は僕の頭をポンポンっとたたいて、そのまま手を頭にのせた。

 そして僕の顔を覗き込もうとする。

「なんでもないったら…」

「なんでもない人は、ベットの上でそっぽ向いて体育座りなんかしないの。ほらほら、言いたいことがあっら ら言っちゃいなー。」

そう言いながら今度は頭をなでて来た。

また子ども扱いする…。もう怒ったぞ。全部言ってやる!!



「それに…、僕は運命なんて一言で片付けられないくらい君のことが好きなの!」



僕は下を向きうずくまる。僕の顔はそりゃあもう真っ赤になってるはずだ。もう知らないっ!!!


「…私もよ。」

その声が聞こえたとき、もう僕は抱きしめられていた。

「うれしいわ。ありがとう」

そう言うともう一度ギュッとされた。

「…私、あなたの選択とか努力とか葛藤とか、ある程度は分かっているつもりだけど?その辺を含めてあなたを好きになったの。第一印象だけで運命の相手を決めるほどそそっかしくないわ。」

「…なんだよ、さっきはピッときた、とか言ってたのに。」

「もう…、拗ねないの。かわいくないぞ。」

「かわいくなくていいです。」

「ほら、顔上げてよ。かわいい顔を見せて。」

「かわいくなんかないったら…」

「こら、拗ねててもかわいいぞ。」

「…。(また言ってること変わってるし、ってか話きいてないし。)」

そのままにしてるのも癪なので、僕は顔を上げた。僕の顔を包み込む彼女の腕。

しょうがないわね、彼女はそう言うと、そっと僕の頬に唇をおとした。

そしてなんでもお見とおしだぞっていう顔をする。


彼女には敵わない。

[前の殿堂作品][殿堂作品ランダムリンク][次の殿堂作品]


[HOME][小説の部屋][感想掲示板][リンクの小部屋][掲示板]